Naoko Iwanaga

"Стоит только поверить, что вы можете – и вы уже на полпути к цели." Теодор Рузвельт ZM
Добавить информацию в закладки (Bookmark)(0)

  • 「PCR検査論争」が不毛な理由 同調圧力が支配する日本の感染症対策を考える

    緊急事態宣言が徐々に解除され、本格的な流行の第1波が収束しようとしている日本。感染症対策の専門家はこれまでの日本の対策をどう見るか。神戸大学感染症内科教授で、積極的に発信も続ける岩田健太郎さんにインタビューしました。

  • 実際のところ日本にどれぐらい感染者がいるの? 続々と出てくる抗体検査の結果の意味

    感染した人の体内にできてウイルスと戦う「抗体」の有無を調べる「抗体検査」が広がり、日本でどれぐらい新型コロナウイルスが蔓延しているのか推定する調査の結果も続々と出てきています。検査の限界も含め、私たちはこのデータをどう捉えたらいいのか、複数の専門家の意見を聞きました。

  • 「高校野球の開催は可能だった」感染症の専門家が語るゼロリスク思考の弊害

    新型コロナウイルスの流行では、日本特有の「忖度文化」や「ゼロリスク思考」が見え隠れしています。第1波が収束しかけている今、「コロナと共に生きる」時代に向けて、岩田健太郎さんに日本の社会の問題をあぶり出していただきます。

  • 実際の感染者数を誰も答えることができない理由 立憲民主の福山議員の質疑を検証してみた

    新型コロナウイルスについて、参議院予算委員会で立憲民主党の福山哲郎議員が行った質疑が医療関係者らから批判を受けています。何が問題だったのか。米国国立研究機関博士研究員の峰宗太郎氏の協力を得て、福山議員の質疑内容を検証しました。

  • 東京女子医大が全学生に新型コロナの陰性確認実施へ 「儀式としてのPCR検査は無意味」専門家が批判

    東京女子医大が新型コロナウイルスのPCR検査を医学生や看護学生に実施すると通知し、学生から反発が起きています。感染症の専門家も「医学的に無意味」と批判しています。

  • それでもパチンコに行くのはなぜ? ギャンブル依存症の人が抱える不安とストレス

    新型コロナで店舗の休業が続く中、休業要請に応じないパチンコ店に人が殺到することが非難されています。それでもなぜ行くのか? ギャンブル依存症問題を考える会がアンケートすると、不安やストレスの実態が明らかになりました。

  • 学校でフェイスシールド、必要か、過剰か? 感染症対策のプロに聞いてみた

    緊急事態宣言が解除され、登校が再開し始めている。感染予防策として、顔の全面を透明な膜で覆うフェイスシールドを導入する学校が増えているが、これは意味がある対策なのか。感染症対策の専門家や文部科学省に見解を聞いた。

  • 学校でフェイスシールドは必要なのか? 「明らかに過剰」「障害ある子どもに配慮を」

    緊急事態宣言が解除され、登校が再開し始めています。感染予防策として、顔の全面を透明な膜で覆うフェイスシールドを導入する学校が増えていますが、これは意味がある対策なのか。追加取材をすると、様々な意見があることがわかり、一筋縄ではいかないことがわかりました。

  • HPVワクチンの9価ワクチン日本で承認 定期接種化の審議へ

    HPVワクチンの9価ワクチンが厚生労働省の審議会で製造販売を承認されました。世界ではスタンダードですが、日本は大幅に遅れて承認された形です。

  • 新型コロナの影響で子どもの予防接種率が低下 専門家「ワクチン接種を先延ばししないで」

    新型コロナでの外出自粛の影響か、小児用の肺炎球菌ワクチンやMRワクチンの接種率が大幅に下がっていることがわかりました。専門家は「重大な病気を防ぐために接種を先延ばししないで」と呼びかけています。